今注目されている技術。酸洗いとは!

金属製品に良く使われる酸洗いの目的と効果

酸洗いの目的は、金属製品を酸性の溶液に浸すことで表面にこびりついている酸化物を洗浄し除去することです。これに使われる酸は、硫酸や塩酸といったものがあります。
熱によって処理された金属製品の表面には膜や錆が発生します。この膜と錆などの汚れを酸洗いによって取り除くことで素材をきれいにすることができます。
また金属製品にメッキの加工をおこなうときには酸洗いは必ず実施します。それをしなければ膜や錆によって製品の不具合が発生するからです。そして他にもチタンを扱う時にも酸洗いで膜を取り除かなければ光沢が出せなくなります。
このように酸洗いは金属製品の表面の加工をおこなうときには、欠かすことができないものなのです。

酸洗いのメリットと注意点

酸洗いは金属製品を簡単にきれいにすることができることがメリットとなっています。わざわざ製品を磨く必要がなく、ただ溶液に漬けておくだけで充分に汚れを落とせる上に、またサイズが大きいものでも小さいものでも可能となっています。そしてこびりついているしつこい錆や汚れも取ることができるので金属製品を綺麗に仕上げたい、汚れを素早く落としたいと考えている人にはうってつけとなっています。また他の電解研磨やショットブラスト加工などの工法に比べてかかる費用が大幅に抑えることができます。
しかし注意点として酸洗いは人体に影響を及ぼすおそれがある溶液を使うので取り扱いには慎重になることが求められます。酸洗いをおこなうときには正しい知識と準備が必要なことを覚えておきましょう。