人やランニングコストが不要!

酸洗いをするメリット

酸洗いとは、金属加工には欠かせない工程であり、読んで字のごとく酸を使用して金属をきれいに洗浄する方法です。使用する酸は、硫酸や塩酸などかなり強い酸を使用し、かつ危険な薬品を使用して行います。この酸洗いをする目的は、金属は熱処理で加工すると酸化皮膜やサビがついてしまいます。その酸化皮膜やサビを落として、きれいな金属製品にするために行います。また、この酸洗いしたあとには、メッキ加工をすることも多いので、そのメッキ加工をきれいに行うための下処理としても酸洗いをします。そして、この酸洗いをすると研磨をする工程を省くことができるので、人件費の削減にもつながります。メリットの多い酸洗いですが、注意したい点としては危険な薬品を使用できるかつ排水設備もきちんと整った工場で酸洗いをしてもらう点です。

酸洗いの3つの作業方法

酸洗いと一口に言っても、3つほど種類があり、酸洗いと酸浸漬とエッチングにわかれています。熱処理された金属加工製品をただ酸に漬け込んでおき、酸化皮膜やなかなか除去できないサビを取り除く方法を酸洗いといいます。酸浸漬は、金属加工製品についたアルカリ皮膜や酸化皮膜を取り除くために、金属の表面を酸洗いによって活性化させてから取り除きます。エッチングは、常温で加工された金属加工製品の変質した部分を取り除く方法です。酸洗いは、主に金属加工製品を洗浄する工程で行なわれ、酸洗いしたあとの金属加工製品は傷みやすいのですぐに次の加工工程を行う必要があります。酸洗いを洗浄工程の中に入れることで、金属加工にかかるコストを下げることもできます。

酸洗はメッキの下地処理やステンレス材の表面に被膜を作るための作業で、強酸液に漬けこんで洗浄処理をする方法です。錆や溶接焼けを剥ぐように落とし、製品の素材を変質させません。安価で出来る事もメリットです。