管理が重要。酸洗いの確立の仕方!

化学洗浄処理における酸洗いの目的

酸洗いとは、金属の熱処理や溶接、ロウ付けなどによって生じるスケールと呼ばれる酸化皮膜や不動態皮膜、錆などを硫酸や塩酸などで取り除く化学洗浄処理の一種です。
その目的は後の作業を簡単にすることにあり、加工する金属素材の表面を綺麗にして研磨する手間を省き、光沢を出す前処理とされています。また、メッキや蒸着工程の下地処理を目的にする場合もあり、特にメッキ加工の際は、酸洗いが不十分だとスケールや錆によって密着不良になるため、必ず行われます。他にもチタンを取り扱う場合は、酸洗いで表面の酸化皮膜層をある程度除去してからでないと、バレル研磨をしても光沢を出すことができません。
他にも、酸による処理にはエッチングと言う、冷間圧延などの常温加工で生じた変質層を取り除く処理方法があります。

酸洗いの工程と注意事項

酸処理の工程は、製品にムラなく酸液が行き渡るようセットした後に、脱脂洗浄→水洗→酸処理→水洗→中和→水洗→純水洗浄→乾燥、と進めていくのが一般的です。
この際の注意点として、硫酸や塩酸などの劇薬を取り扱うので、設備面においても安全対策を行う必要があります。また、酸処理後の金属製品の表面は非常に腐食しやすい状態なため、錆の発生しやすい鉄鋼素材などの場合は、防錆処理を速やかに行うことが大切になります。加えて、廃液には金属が溶け込んでいるため、酸処理後の排水もきちんと処理しなければいけません。塩化第二鉄や硫酸銅を含む廃液であれば、沈殿によって比較的簡単に除去できますが、キレートイオンなど沈殿しにくい状態のものもあるので注意が必要です。他にも、有毒な亜硝酸ガスなどが発生することも考慮して、排気設備を整備しておくことも重要になってきます。

歯に対するリン酸処理は、エッチングと呼ばれます。コンポジットレジン修復などの際の前準備として行われます。