こんなところに最適。おすすめ部品!

『酸洗い』ってどんな作業なの?。

おそらく多くの人が『酸洗い』ってなに?と感じるかと思います。
『酸洗い』とは金属の表面に付着した酸化物を、酸性の液体(主に硫酸や塩酸)を用い化学洗浄処理する技術のことをいいます。
使われる場面は、先ほど述べた「金属の汚れを取る」からお分かりの方もいるかもしれませんが、金属加工の場面となります。
例えば、メッキ加工の際の密着不良をなくすため、チタンの加工時に光沢を出すためなどが挙げられます。
『酸洗い』が金属加工において果たす役割は、その後の作業を簡素化することにあります。
メッキ加工もチタンの光沢を出すのも『酸洗い』がなければ長い時間をかけ傷つけないように最新の注意をはらい下処理しなければなりません。
おそらく、下処理が終わる頃には本作業に入る体力は残ってないでしょう…。
そのため『酸洗い』は金属加工の場面では必要不可欠な作業というわけです。

様々な形の金属の洗浄に「エッチング」。

そんな『酸洗い』ですが、落とす汚れの目的によりいくつかの種類に分けることができます。
ここでは代表的な「エッチング」を紹介したいと思います。
「エッチング」とは、冷間圧延などの常温加工による変化層を取り除くことを目的としています。
簡単に言ってしまうと、日常の金属によく見るサビを落とすことです。
方法は単純で、汚れを取りたい箇所を酸性の液体に浸すだけです。
お酢に10円玉を入れておくときれいになる実験がありましたよね?あのイメージです。
この作業を金属の部品に行うとサビが取れスムーズに動くようになります。
また、液につけておくだけなので複雑な形状の部品(例えば歯車やチェーン)などに使用することができます。
注意点としては少なからず有害なガスが出ますし、液体自体も危険なものですので設備を含めた安全対策をしっかりすること、排水処理も忘れてはいけません。

塗装剥離とは、読んで字の如く塗装や樹脂を剥がす作業のことを言います。その方法としては大きく分けて「科学的方法」、「物理的方法」、「熱的方法」の3種類があります。